花組全ツと月組エリザの話

花組全ツが!始まりますね!!!

宝塚を初めて見てから*1やっと1年のにわかファンで、未だにこの方!というご贔屓が決めきれていないのですが。。それでもいつも気づいたら目で追ってるな~と思うジェンヌさんや、そもそも宝塚を見に行くきっかけになったジェンヌさんがこの全ツに出演されてるので、本当に楽しみで楽しみでたまらないです。は~~~~早く行きたいな~~~~!!!!

 

そして月組エリザベートが千秋楽を迎えたということで…。ちゃぴちゃん、すーさん本当にお疲れ様でした。素敵なシシィとゾフィーをありがとうございました。

上述の通りわたしは宝塚初心者なので、お二人のお芝居を初めて拝見したのは「カンパニー/BADDY」の円盤だったんですよね……。でもちゃぴちゃんに関していうと、「BADDY」で彼女の演じるグッディちゃんのあまりの可愛さに一瞬で虜となり、「グッディの怒り」の力強い歌声に心を鷲づかみにされ、退団が決まってなければ会に入りたかったなぁ…と思ったくらいにはわたしにとって魅力的な娘役さんでした。なので今回、ご縁あって劇場でちゃぴちゃんのお芝居を見ることができて本当に嬉しかったです。

そもそも「エリザベート」を見ること自体が(円盤など含め)初めてだったんですけども…。以下、それを踏まえたうえでの感想です。

 

ぶっちゃけ見終わったときは「よくわからない話だな~」というのが正直な気持ちでした。なんでこの演目がこんなに人気なんだろう…?暗いし…曲はいいけど…みたいな…。というか単純に予習をしてなさすぎたので、ストーリーについていくのにいっぱいいっぱいだったかも…。それでも「なんかすごいものを見た」という気持ちは直後からずっと抜けなくて、次の日ずっと(実在の)エリザベートやフランツについて調べたりしてたので、その時点でもう好きだったんだろうなとは思うんですが。

あとラストも、なんでシシィは死を受け入れたんだろう?ってずっっっと考えてたんですけどいまいちよくわからなくて…。最終的にシシィの求める「自由」が「死」だったということなのかな…と思ったんですが、そのことにいつ気づいた?のかよくわからないというか…ボートの場面かな……。ほんとにこういう答えのないものを自分なりに解釈するということが苦手なんですが、それでも繰り返し考えてしまうっていうのがまたエリザベートの魅力なんだろうと思います。

ストーリーも飲み込めて、ラストにも自分なりの解釈が出せてから運よくもう一度見に行くことができたんですが、自分の心持ちの変化のせいか2回目見終わったあとはもうめちゃめちゃめちゃめちゃ大好きだわこの演目!!!って気持ちでした。我ながら変わり身が早すぎる。具体的にいうとシシィがすごく好きなんですよね…わがままだし自分勝手だし全然共感できないって言われてるのをよく見るし、わたしもそう思うところもあるんですけど…。昔から「強い女性」っていうものにすごく憧れがあって、シシィがわたしの憧れのまま「強い女性」と言っていいのかはよくわからないですけど、

「私が生命委ねる それは 私だけに」

っていうフレーズを、ちゃぴちゃんの力強い声で歌われたらもう、あ~~~~好き!!!!!!って…なりませんか……???わたしは誰のものでもない、わたしはわたしを見失わないって言い切れる女性になりたい。

ちゃぴちゃんの歌声ってめちゃくちゃ生命力に溢れてるな~って思います。正直技術的な上手い下手についてはわたしは本当によくわからないんですけど(みんな上手に聞こえるお得な耳)とにかく聴いた瞬間に好き!って思う歌声です。そもそも初めてちゃぴちゃんを好きだと感じた「グッディの怒り」も、グッディちゃんが激しい怒りと共に自分が生きていることを実感する…ていう感情が歌声にはっきり乗っててめちゃくちゃ感動したんですよね……BADDYの話になっちゃいますが、あのシーンも女性が(男性の添え物ではなく)自分らしく生きることを肯定してくれていてすごく好き……。

あと「私が踊る時」もめちゃくちゃかっこよかったです。トートVSシシィみたいな感じで…(?)「踊るなら選んだ相手と踊りたいときに好きな音楽で」と歌うときのちゃぴちゃんの笑顔がなんというかもう…完全に黄泉の帝王を圧倒してる雰囲気があって…。うーんかっこよかったです。。

 

シシィの話しかしてませんが、とにかくエリザベートすごくよかったですというお話でした。
あと、そうであったらいいなと思ってたので、カフェブレでちゃぴちゃんが「(ちゃぴエリザはフランツのことを)愛していました」とはっきり言い切ってくれたのがとても嬉しかったです。なんでそうであってほしいと思ったのかはうまく言えないんですが……うーん。。。ちゃぴちゃんのエリザベートってなんか、すごく愛情の深い人のように感じられたので…家族を放置して一人旅してる時点で愛情が深いとは言えない気もしますが…それでもちゃぴエリザはフランツを愛していたということがわかって嬉しかったのかな。うーん自分でもよくわからないですね(投げっぱなし)

他のエリザベートも少しずつ見ていきたいな~。みりおさんトートとだいもんルキーニに興味があるのでとりあえず2014年花組の円盤買いたいなぁと思ってます。

*1:初観劇は「はいからさんが通る」でした